トップページ > 「せどり」って何?

「せどり」って何?

「せどり」とは、古書店で安く売っている本を買い、他の古書店に高く売ることで、利ざやを稼ぐという商売です。ある古書店では安く売られていた本も、その本を欲しがっている古書店に転売すれば、高く売れるというケースがあるのです。せどりでそれなりの金額を稼ぐためには「本・雑誌の内容を気に入って買う」「多くの人に読んで欲しいから売る」ということではなく、背表紙だけを見て「売れそうな本を買う」ことになります。

最近は「せどり」といえば、新古書店などで廉価販売されている商品を買い、ネットオークションなどを利用して転売する人の行為を「せどり」と読んでいます。古書店で背表紙を見て抜き取るように買い、転売することから「背取り」という漢字が当てられています。また最近、新古書店ではCD、DVD、ビデオソフト、ゲームソフト、カレンダーなども扱うようになっていますので、せどりをする対象もそれらの様々な媒体に広がっています。

では「せどりで稼ぐ!!」ことは、本当に可能なのでしょうか?せどりで成功した人もいるのは事実です。せどりで成功した人には「他の商売でも成功する」くらいの「商才」があるものです。その人たちのノウハウをそのまま真似しても、大きく稼ぐのは難しいでしょう。「他人に教えてもらう方法に頼り切って、成功しよう」という考えがある人は、どんな商売でも成功しないものです。初めは他人のノウハウの真似をするのも仕方がありませんが、徐々に「自分はこうやって稼いだ!!」と言える方法を開発していく必要があります。

関連エントリー
雑誌買取を依頼するなら
古書店に依頼する前に
買取前に「してはいけない!!」
雑誌買取でチェックされるポイント
「古物商」って何?
ネットオークションに出すこととの違い
雑誌買取の相場は?
古書店にも得意分野がある
「せどり」って何?
遺品整理とは?