トップページ > 雑誌買取の相場は?

雑誌買取の相場は?

雑誌買取の相場は、はっきりいって「一口では言えません」。ただ、雑誌を買取してもらいたいなら「欲しい人・欲しい古本屋さんに売る」ということがコツだとは、いえます。そのほうが高値がつく傾向があるのです。

大型の古書店の中には「雑誌の内容に関係なく、雑誌のキレイさ・新しさだけに着目して、買取価格を決める」という方法をとっているところもあります。ある古書店では「週刊誌以外の雑誌」について、「少し古いものは10円」「新しいものは定価の10%」「古すぎるものは買い取らない」としているところもあります。ただし、従来の「町の古本屋さん」の中には、雑誌を高く買い取ってくれる場合もあります。高く買い取ってもらうコツは「その雑誌を欲しがっているお店に売る」ということです。お店によって「古いもの」を多く扱うお店、新しいものを多く扱うお店、映画本・映画雑誌の専門店、哲学書の専門店、漫画の専門店など、様々な特徴があります。そのため「自分の売ろうとしている雑誌は何の分野で、年代はいつくらいで、付録なども残っているか?」など、本の状態を調べておく必要があります。

また、ネットオークションに自分で出品することでも「思わぬ高値がつく」ということは、あります。競りの雰囲気が盛り上がって高値がつくこともあります。また、古本屋で買取してもらえない漫画雑誌をネットオークションに出したら「その号を買い逃して悔しい思いをしていた人に売れた!!」というケースもあります。

関連エントリー
雑誌買取を依頼するなら
古書店に依頼する前に
買取前に「してはいけない!!」
雑誌買取でチェックされるポイント
「古物商」って何?
ネットオークションに出すこととの違い
雑誌買取の相場は?
古書店にも得意分野がある
「せどり」って何?
遺品整理とは?