トップページ > 「古物商」って何?

「古物商」って何?

古物商とは古物営業法に規定される古物を売買する業者・個人のことです。古物営業法第2条に「古物とは一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう」と規定されています。

古書店は「古本」という古物を扱う商売ですので、古物商の許可を得ています。古物商を営みたい場合に許可が必要なのは、買取・販売をした古物の中に盗品などが混じっていた場合に、それを捜査・検査する必要があるためです。古物商許可は、営業所(古書店)のある場所を管轄する都道府県公安委員会(窓口は警察署)へ申請することになります。警察・公安委員会と聞くと「え!?なんだか怖い」と思うかもしれませんが、実際の手続きはそう難しくありません。必要書類をそろえて窓口に提出するだけです。

古書店だけではなく、衣類のリサイクルショップや、時計・宝飾品などを「買取します!!」というお店なども古物商許可を得ています。また、家庭用品をリサイクル品として販売する家庭の主婦が、結果的には商売として成功してく、などのケースがあります。これらの人が成功したのは、きちんと古物商の許可を得ているからです。

関連エントリー
雑誌買取を依頼するなら
古書店に依頼する前に
買取前に「してはいけない!!」
雑誌買取でチェックされるポイント
「古物商」って何?
ネットオークションに出すこととの違い
雑誌買取の相場は?
古書店にも得意分野がある
「せどり」って何?
遺品整理とは?