トップページ > 学術雑誌

学術雑誌

学術雑誌の買取に特化した古書店があります。学術雑誌はこのようなお店で買い取ってもらうことが大事です。買取価格についても、こうした古書店のほうが、一般の古書店より高いといえますが、それ以上に「売った・買い取ってもらった後に、雑誌がどうなるのか」を考えるほうが良いでしょう。専門書・学術雑誌というのは、読む人がある程度決まっています。そのため「本当に欲しい人」の手に渡り、その人の研究・学業に役立ててもらうことのほうが、古書・古雑誌にとっても幸せなのです。学術雑誌の買取を専門に行っている古書店に、是非買い取ってもらってください。

また「古いから」「状態が悪いから」と買取を依頼せず、処分することはないようにしましょう。学術雑誌の買取を行っているお店は、江戸期の和本や明治・大正・昭和(戦前、戦中、戦後間もない頃など)の雑誌も、古本・古書資料として貴重なものがあるとして、積極的に買取をしている場合もあります。ゴミに出してしまえば、誰の目にも触れることはなくなりますが、古書店の書棚に並ぶことによって、誰かの目に触れるようになるかもしれません。

学術雑誌を多数保有している人は、研究職や教職にあられた方もいるかもしれません。ただ、その専門性の高さゆえに「ご家族には、その価値がわからない」という古書・雑誌もあります。近しい方にお分けするのも、良いことでしょう。できれば、処分したり、倉庫にしまいこむ前に、是非とも「人目に触れさせてあげる」機会を与えてください。

関連エントリー
パソコン・コンピュータ雑誌
学術雑誌
洋雑誌
鉄道雑誌
スポーツ雑誌
無料で送れる安心の参考書の買取がおすすめです