トップページ > パソコン・コンピュータ雑誌

パソコン・コンピュータ雑誌

パソコン・コンピュータ雑誌の買取は、残念ながらなかなか値がつかないという現状があります。コンピュータ、IT関連の話題は、流れが非常に早いため「情報」としての価値がなくなる時期も早いのです。新進の古書店などでは「基本的に雑誌は10円」「新しかったり、高額のムックである場合には、5%が目安」「だいたい4年ほど前までのものしか買い取れない」という査定方法が、決まっている場合もあります。

ネットオークション(Yahoo!、Amazonマーケットプレイスなど)、あるいは一般の古本屋に売却など、様々な方法がありますが、自分が払う手数料・梱包材の購入費用・送料などを考慮すれば、コンピュータ雑誌の売却は難しいです。ただし、特定の号にだけ、何らかの付録・プレミアがついている場合には「ネットオークションで高値で売れる」「新進の古書店で高値で買い取ってもらえる」ということは、ゼロではありません。パソコン雑誌の中でも「総合情報誌」のようなものは、なかなか売却ができませんが、専門性の高いもの(特定の環境、テーマなどを扱っているもの)の場合、新進の古書店でも、20円~数十円という、雑誌にしては高い値段で買い取ってもらえる場合もあります。

また、残念ながらパソコン雑誌などが盛んに発行・販売されていたのは、ITバブルの時期です。その後、廃刊する雑誌なども相次ぎ、出版不況も重なってパソコン・コンピュータ雑誌の分野は、残念ながら「勢いを失ってしまっている」ともいえます。そのような分野で、パソコン・コンピュータ雑誌専門の古本屋が生き残っていくことも、なかなか厳しい状況と言えます。

関連エントリー
パソコン・コンピュータ雑誌
学術雑誌
洋雑誌
鉄道雑誌
スポーツ雑誌